Skip to content

都立高校の入試と総合点数

東京では高校選びに人気が高いのが都立高校で、今では他の私立なども力を入れているために、学力の高いところが人気があるといえます。もちろん学力だけではなくスポーツにも力を入れることで、より将来の可能性が高くなり複数の選択肢が広がるのもいい部分です。しかし都立高校を入試には、かなりの実力と学力がないといけないので、計画を作って挑むことが基本となります。まず都立高校の入試では合格点が決まっていて、まず内申点は300点満で学校での生活態度や授業姿勢、また部活動での活躍も評価されるポイントです。

そのために学力ではなく普段の学校生活が関係していることから、内申点を上げようと頑張るケースも少なくありません。そして学力では5教科の総合点数が700点になっていますから、ここからこの点数に近づくことが必須です。内申点と学力点の総合で1000点満点なので、この点数に近い人から合格の人数に達する計算になります。内申点が低い場合には学力でカバーすることができますし、その反対もできるため、都立高校の入試は激戦と言われています。

それだけ学校選びが過熱しているのは、都立高校で学ぶことができると学費が安く、教科書代も掛からないなどのメリットが大きいからです。そうすることで大学に費用を回せるため、家族からも喜ばれますし、費用が少ないメリットを生かして将来の資格にもチャレンジできます。様々な考え方の基に決まってくるので、人気が高いことは倍率にも影響します。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です